2006年 11月 04日
4 November 2006 / Hollywood Bowls and Porridge
[原文] 2006年11月4日の公式サイトの日記。
Hollywood Bowls and Porridge
7/28の日記に書かれていた「USツアー前に開設予定の新しい公式サイト」について、てっきり9月にスタートしたthewhotour.comがそれにあたるものだと思い込んでいたら、また別のサイトだったことがこの日記でわかりました。(実際thewhotour.comはRogerの意見が反映されているようにはとても見えませんでした)
近々オープン予定という新サイトがどんなものになるか、期待が持てます。


今週末にハリウッドボウルでのライブが2本入っている。今朝はそれに備えて朝食にポリッジを食べた。(ポリッジとはアメリカ人がオートミールと呼んでいるものだ)

Rogerと私は昨日Carrie(Long Live Rock)、Maria(UltraStar)、Robert Lee(チーフ・ウェブマスター)と刺激に満ちたミーティングを行った。我々は近いうちに新しいThe Whoのウェブサイトをオープンしたいと考えている。そこではRogerと私がより協力しあって運営に関わることになるだろう。

一つの問題点は、Rogerと私が一緒にいると何か演奏すればいいんじゃないかと考えてしまうことだ。自分達の為であれチャリティの為であれ、我々2人にとっては金を集めるのにはそれが一番有効な方法だからだ。よって、The Whoのウェブサイトを開設するにあたり、これから我々は何らかの方針を決めなくてはならない。自分達の時間を効率的に使うことを確認しておく必要がある。

これはRogerに対する最初の一歩だ。私にとっては簡単なことではない。なぜなら今まで私は充分努力してきたし、ミュージシャンがインターネットを使って実際に何ができるのか厳しい経験を山ほど積んできたのだから。だがここ最近は面白いことになっており、ほとんど無料配信とはいえ、かつてないほどミュージック・ビデオ・コンテンツが充実してきた。来年に実現予定の高画質映像のダウンロード、DVDとストリーミング方式によって、人々がお金を払おうという気になるレベルまでメディアのクオリティが上がるだろう。

さて、今期のツアーの最初の公演が今夜行われる。会場はポリッジのハリウッドボウルだ。
(※どうにもこうにもうまく日本語にできません。冒頭にも出てくるポリッジとは麦に牛乳や砂糖などを加えて煮たお粥のようなもので、その盛りつけに使うボウルとハリウッド・“ボウル”を掛けています)私はいつもと同じく今まさにコーヒーを淹れようとしている誰かさんと同じぐらい緊張している。昨夜ロサンゼルスのBarnes & Noble書店でRachel Fullerのイベントに参加し、ギターを弾いた時にもやや緊張した。だがほんの少しだった。私は石のように冷たいだろうか?これ以上ポリッジを食べたら体が固まり始めるかもしれない。(※こちらも同じく言葉遊びに見えますが……be made of stoneで冷酷という意味があるようです)

おっと、もし君が「In The Attic」サイト内にあるRachelのブログの読者だったら、今朝の「ハッピー・ノンスモーカー」が誰だったか当てられるだろう。
(※この頃のRachelのブログには禁煙しているという話題が出ており、11/3付で「今朝は特に最悪な気分だったけどなんとか乗り切った」と書かれています)
[PR]

by yukie909 | 2006-11-04 13:16 | diary


<< 14 November 200...      Liner Notes of ... >>