2006年 01月 14日
14 January 2006 / The Boy Who Hear Music - Chapter Eighteen
[原文] 2006年1月14日の公式サイトの日記。
The Boy Who Hear Music - Chapter Eighteen
ミュージシャン、Sufjan Stevensのリコメンド。
実際には5枚のアルバムがリリース済みで、2005年10月には来日公演も行われていました。レコード会社によるアーティスト紹介はこちら(英語)。


レコーディング・スタジオにこもって1つの曲を仕上げているところで、当分作業を中断したくないので、今回の小説を少し早めにアップする。

昨夜、息子のJosephがクリスマスに私に買ってくれたCDを聞いた。彼は私がMark Mothersbaugh
(※『Whip it!』等のヒットを持つグループDEVOの中心的存在)を好きなのをよく知っている。映画「Rushmore」(※邦題:『天才マックスの世界』)、「The Royal Tannebaums」(※邦題:『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』)、そして「The Life Aquatic」(邦題:『ライフ・アクアティック』)の音楽製作及び音楽監督をした男だ。息子がくれたCDはSufjan Stevensという名のアーティストによるものだ。Mark Mothersbaughを好きな人なら必ず彼を気に入るだろう。私の知る限りでは彼は2枚のCDをリリースしている。Googleで調べてみてほしい。
[PR]

by yukie909 | 2006-01-14 12:48 | diary


<< 1 February 2006...      12 January 2006... >>