「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2007年 08月 03日
6 July 2007 / The Summer Summing Up
[原文] 2007年7月6日のブログのポスト。
The Summer Summing Up
「rocking' on」2007年8月1日発売号に「11月か12月に来日が決定したらしい」と書かれているとの話を聞き、慌ててPeteのblog内で一番最近に日本の名前が出てきたエントリーを訳してみました。ツアー終了まであと3公演を残す7/6に書かれたものです。
単に色々な国の名を挙げて「行けなくて残念だった」と言っている中に日本が入っているというだけで、ここからは特に行くとも行かないとも読み取れません。あとは環境問題についてのPeteらしいコメントです。


さあ皆、連載はこれで終わりだ。私の自伝のセクションを開けば、私がこのブログで連載している自伝の抜粋の最終回を読むことができる。

今週末、13ヶ月間続いたThe Whoのツアーは北欧で穏やかに終了を迎える。明日はデンマークのロスキレ・フェスティバルに出演する予定で、今年の夏にヨーロッパで行われたフェスの大体がそうだったように、雨に降られることになりそうだ。インドでは、人々ははっきりとした理由から雨を「神の恵み」と呼んでいる。ここヨーロッパでは、雨は神が見せる実に独特なユーモアのセンスのひとつだと考え始めている。イギリスでは、エアコンを持っている幸運な人々は1月の間中ずっと暖房を入れっ放しにしている。それが今は、7月だというのに我々には熊の毛皮やゴム長、スノーシューズが必要だ。Al Goreは、さらに多くのロックフェスが雨で中止されようとも本当に今の問題を解決することができるだろうか?
(※元米国副大統領Al Goreが地球温暖化に警鐘を鳴らすドキュメンタリー映画『不都合な真実』は世界中で大きな話題を呼びました)そう願っている。我々の心は純粋で、胸は今もむき出しだ。ビニール製のポンチョの下は汗だくではあるが。

ともあれ、私はこれまでの18ヶ月間にThe Whoとして成し遂げてきたことの全て、つまり新しいCDのリリースと長期ツアーの敢行について誇りに思っている。日本、オーストラリア、ロシア、チェコ、ブラジル、チリ、アルゼンチン、メキシコ、ハワイに行けなかったことは残念だ。しかし少なくとも私は個人的にテキサスのオースティンにあるほとんどのバーとクラブで演奏する機会を得た
(※もしくは、“演奏しなければならない”?)。胸に手をあてて、その間に地球温暖化の一因になるようなことは何もやっていないと言えたらいいのにと思うが、勿論そうはいかなかった。私は自分が死んだ後でさえ、体が腐っていく過程に起こる何らかの現象によって地球上の生命に悪影響を与えてしまうんじゃないかという気がしている。私は環境を汚染する運命にあるようだ。私の死体を何か特別な酒に変化させて、僧侶にささやかな喜びをもたらすことはできないだろうか?もう少し実用的なものにするなら、農機具を動かすためのバイオガソリンというのはどうだろう?それなら文字通り自分の畑を耕すことができる。(※「自分の畑を耕す」という言い回しには「我が道を行く」という意味もあるようで、二重の意味を持たせているのかもしれません)

さあ皆!私はもう自分の畑を耕した。とても深くだ。おかげでもうくたくたに疲れた。昔よく味わった、そして2005年秋にThe Whoのアルバム制作の作業を始めて以来味わうことを自分に禁じてきた、ツアー後の倦怠感に来週まではどっぷりと浸るつもりだ。その時の気分というのは、目が覚めても何もしなくても良いという開放感と、これからは他人に「かつて有名だった人」と見られるようになるということを知るショックとがごっちゃになっている。私はそれを受け入れなければならないし、「近々グラストンベリーやロスキレで客を沸かせることになる」などと偉そうに言い放ったりしないよう心がけなければならない。

[PR]

by yukie909 | 2007-08-03 01:24 | blog