カテゴリ:blog( 24 )

2007年 02月 28日
28 February 2007 / Thank you Melissa Riggio and family
[原文] 2007年2月28日のブログのポスト。
Thank you Melissa Riggio and family
2/19付の日記に登場したダウン症を持つ少女へのお礼の言葉。大手書店の社長の娘である彼女に軽いジョークを飛ばしています。


思いがけず花のプレゼントを受け取った!
Melissa、私達は君と音楽活動ができてとても嬉しい。
(次のプレゼントは本にするといい。君のパパなら安く手に入るだろうから)

[PR]

by yukie909 | 2007-02-28 23:10 | blog
2007年 02月 28日
28 February 2007 / Home Studio
[原文] 2007年2月28日のブログのポスト。
Home Studio
愛用の機材を写真つきで説明しています。


このブログを読んでいるスタジオ・マニアの中には、私が「ENDLESS WIRE」のレコーディングの為に組み上げた特別なモジュールをもっとよく見たいという人がいるのではないかと思う。

a0062503_0353965.jpgこちらは私がデザインし、Neve社が1975年に製造した8 x 33735チャンネル・プレイバック・ユニットの1つだ。ラックにこのユニットが3台積み上げられ、4つのバス・システムになっている。覚えている人もいるかもしれないが、私は必ず4チャンネル形式が主流になると予期していた。24トラックテープマシーンで録音した音はこのミキサーシステムでプレイバックされる。現在では使っているテープは8トラックだけで、残りの16チャンネルはテープと同時に流れるコンピュータによるデジタルトラックを聞くために使われている。

a0062503_036712.jpg伝説的なNeve社の1066モジュールのマイクアンプとイコライザーを少しだけ見せよう。最初に使ったのは自宅で「LIVE AT LEEDS」をミキシングした時だった。
考えてもみてほしい、今ちょうど思い出したのだが、もし私がこのアルバムを家でミキシングしたとしたら、いや実際そうしたのだが、使われているエコーはスタジオの立派なエコープレートによるものではなく、テープの歪みによって起こったものだったのかもしれない。
(?)
a0062503_036338.jpgこのNeve社の32284aコンプレッサー/リミッターの3グループは、サウンドを一つにまとめる為に並んでいる。アコースティックギターとヴォーカルを(又はピアノとヴォーカルを)同時にステレオでレコーディングすることがよくあったからだ。同時に3トラックを録る。これは私の1975年から続くデモ作りのやり方で、今でも同じ方法を取っている。最近になって、このやたらにセットアップが難しいユニットは、Wes Dooleyのリボンマイクで録ったヴォーカルと素晴らしく相性が良いことがわかった。

a0062503_0364673.jpgこちらは私のスタジオ仲間Darren Westbrookが設置したお手製パッチベイだ(彼は私がフランスとニューヨークで「ENDLESS WIRE」をミキシングするのに使っていた移動式の機材も組んでくれた)。最上部に古い電話型の「G.P.O」コネクションを使ったNeve社のパッチベイが見えるだろう。これは軍用規格だった。現在もっと安いシステムを使っていて、調子は上々だ。マイクミキサー、エフェクトユニット、テープマシーン、コンピュータ等からの入力と出力は全てこのパッチベイ上に現れる。現代のコンパクトなデジタル・レコーディングユニットの多くはこのように小さな箱に柔軟性とパワーを秘めた機材が必要となる。だがソフトウェアを使ったものは何でも、ビデオレコーダーやティーボの録画設定をするやり方と少し似た方法で接続しなくてはならない。私は創造的な気分になるとほとんど全ての作業を右脳を使って進め、視覚的にプラグを差していくが、ソフトウェアの説明書の内容が少し難しく感じる。もっと若いミュージシャンは切り替えるのに慣れていて、完璧にこなしている。私はごちゃごちゃのケーブルが好きだ。私の同世代の年寄り達の多くもきっとそうだろう。

[PR]

by yukie909 | 2007-02-28 00:31 | blog
2007年 02月 27日
27 February 2007 / Britney and a Purple Dress
[原文] 2007年2月27日のブログのポスト。
Britney and a Purple Dress
芸能ニュースにも通じているPeteです。
Britney Spearsに関する最近のニュースをまとめると、2004年9月に結婚して2人の子供をもうけ、2006年11月に離婚を申請。現在親権を巡って元夫と争いになっています。連日のパーティ通いや下着をつけていないミニスカートの中を撮影されるなどの話題を振りまいた後、アルコール・麻薬依存症などを治療するためのリハビリ施設に入所するも、たった1日で退所するということを2度繰り返しました。2/23には、「リハビリプログラムを完了させなければ親権は渡さない」という元夫の要求に従って3度目の入所をしたというニュースが伝えられています。


今日のロングビーチ公演の「Man In A Purple Dress」はBritney Spearsに捧げた。その時のMCで私は「彼女のことを焦って決めつけてはいけない」と言ったが、Rogerの答えは「Britney?誰だっけ?」だった。Roger!おーい、頼むから……新聞を読んでくれ。

彼女がリハビリ施設に再入所したというニュースをつい最近聞いた。彼女の幸せを祈る。つらい時期に今の騒ぎは大変だろう。パパラッチを乗せた車が時には100台以上も彼女の後を追いかけているような状況なのだから。

今夜のライブがどうだったかって?足が痛かった。手に大怪我をした。指先を切った(ギターの弦が硬過ぎた)。幸せだ。私は痛いのが好きに違いない。

[PR]

by yukie909 | 2007-02-27 23:24 | blog
2007年 02月 27日
27 February 2007 / Feedback on my Memoirs
[原文] 2007年2月27日のブログのポスト。
Feedback on my Memoirs
近々ブログを分け、「コメント不可の日記ブログ」「コメント可能の自伝ブログ」の2つを使いわけるつもりとのことです。
「自伝」について、これまではautobiographyという言葉をよく使っていましたが、最近はより詩的なmemoirsという言い回しを好むようです。その場合は「回想録」という日本語を当てます。


ここで使っているBloggerのサービスでは(誰かが解決法を知らない限りは)全ての記事にコメントを受け付けることしかできない。それはあまり良いやり方とは思えない。私が本当にコメントを求めているのは回想録についての記事に対してだけだからだ。よってここと並行して回想録の引用だけを掲載するブログを作ろうと考えている。そうすれば君達は好きなだけコメントをつけることができる。コメントはこちらで管理させてもらう。

今はライブが終わると動けないほど疲れてしまうので、これについては明日試してみるつもりだ。


----------------------------------------------------------------------------


上記のポストは数時間で全て削除され、新しい内容が上書きされました。

こちらのリンク先で私の回想録の抜粋を読むことができる。コメントを残すことが可能だ。

www.petetownshendwhohe.blogspot.com

コメントはこちらで管理させてもらう。

[PR]

by yukie909 | 2007-02-27 10:49 | blog
2007年 02月 25日
25 February 2007 / Happy Birthday Avatar Meher Baba
[原文] 2007年2月25日のブログのポスト。
Happy Birthday Avatar Meher Baba
Peteが今もなおMeher Babaに傾倒していることが窺えるポスト。それにしてもアップされているオリジナル画像のサイズ、1162px×1599pxはいくら何でも大き過ぎないかという気がします。


a0062503_23372821.jpgこのアートワークは、1976年にロンドンのMeher Baba Oceanicスタジオがオープンした際、私がステンシルマシンの一種を使って描いたものだ。我々Meher Babaの信奉者は、彼の誕生日(本日)よりも彼の命日(1月31日)の方をもっと派手に祝うようにしている。
[PR]

by yukie909 | 2007-02-25 23:35 | blog
2007年 02月 24日
24 February 2007 / Attic Jam at Joe's Pub
[原文] 2007年2月24日のブログのポスト。
Attic Jam at Joe's Pub (削除済のため、リンクなし)
「Attic Jam」が上映中という短い連絡です。いつまでループされるかは不明ですが、Pete個人のセットもLou Reedはじめゲストとの共演も見事なパフォーマンスでした。


「Attic Jam」が現在TowserTVで上映中だ。


----------------------------------------------------------------------------


2/28に新しい内容が上書きされ、翌日に記事そのものが削除されました。


「Attic Jam」が現在TowserTVで上映中だ。急げ!あと数時間でループ再生をストップする。
[PR]

by yukie909 | 2007-02-24 10:13 | blog
2007年 02月 21日
21 February 2007 / First Night
[原文] 2007年2月21日のブログのポスト。
First Night
2/20の「Attic Jam」の報告です。この日、PeteはLou Reedと記念すべき初共演を果たしました。
Rolling Stone誌のレビューによると、Peteが自分のセットでThe Whoの曲を4曲弾き語った後にLou Reedが登場。2人は並んで座り「I'm Waiting For The Man」「White Light/White Heat」「Pale Blue Eyes」を演奏したそうです。
脚本作成中という映画の構想については何ともコメントに困りますが、ともかく歴史的な夜だったと言えるでしょう。


a0062503_1240678.jpg昨日ニューヨークのJoe's Pubで行われた「Attic Jam」に参加できて良かった。私はRachelと共にライブを主催したJimmy Fallonを除く全ての参加者と最低1曲は共演した。Rachel Yamagata、Rachel Fuller、Amos Lee、J-Mascis、そしてLou Reedと一緒に、ふさわしい曲を演奏した。彼等は全員真のミュージシャンであり、素晴らしい作曲者だ。特に初めてLouと一緒に演奏できたことが嬉しかった。私は彼の音楽がとても好きだ。彼はギター演奏については軽く流していたが、私達の息はぴったりと合っていた。本物の魔法がそこにあった。

Jimmy Fallonとは通常の曲ではなく、映画1本分の台本になる予定の簡単なピアノ曲を合わせた。ストーリーは次の通りだ。Rachelは「Satin Doll」や、ショパンやバッハのオルガンフーガを弾くピアノ・オルガン奏者を演じる(それは彼女にとって実際に10代の頃しばらくやっていたことだった)。私は金持ちの好色な年寄りに扮し(それは私にとって実際に10代の頃しばらくやっていたことだった)、彼女を振り向かせる為にとうとうピアノやオルガンを山ほど買い込んでしまう役を演じる。Jimmyが演じるのは店の経営者で、彼女にひそかに恋焦がれていたが、売上アップと「ピアノ&オルガンセールスマンの年間最優秀賞」獲得を巡ってその恋を押し止めなければならないという役どころとなる。現実の世界と少し似た物語だ。Jimmyは次の映画でLucy Luとキスをすることになったそうだ(それは彼にとって実際に10代の頃しばらく願っていたことだった)。

今日の遅い時間、限定期間中のみになるが、ライブのウェブキャストをTowserTVで見られるようになるだろう。このチャンネルのストリーミング容量は限られており、500~650人しか同時に見ることができない為、もし回線の調子が悪い場合はしばらく待ってから再度試してみてほしい。

今日カリフォルニアに向かう。The Whoの次回USツアーの日程は今週の金曜のリノ公演からスタートする。

[PR]

by yukie909 | 2007-02-21 18:01 | blog
2007年 02月 21日
21 February 2007 / Lifehouse Chronicles
[原文] 2007年2月21日のブログのポスト。
Lifehouse Chronicles
自身のソロのボックスセット「LIFEHOUSE CHRONICLES」の宣伝。ずっとストップしている「Method」の計画も4月から再始動するとのことです。


www.eelpie.comでCD5枚組の「LIFEHOUSE CHRONICLES」が購入出来る。私の通販サイトのみで販売されているこの限定ボックスに対して、私は心から誇らしく思う。各CDがそれぞれ独立した音楽を取り上げている。CD1とCD2は私のオリジナル・ホームデモだ。全て私一人で演奏している「Baba O'Riley」「Behind Blue Eyes」「Won't Get Fooled Again」も収録されている。The Whoのバージョンと比べると明らかに迫力には欠けている。又、「Pure & Easy」「Mary」「Time Is Passing」「Too Much Of Anything」等、「WHO'S NEXT」への収録が叶わなかった曲も多い。CD3は様々な電子音楽的試みやリミックスを含んでいる。CD4は曲のオーケストラ・バージョンと、CD5に全体が収録されたBBCのラジオドラマの為に特別にレコーディングした新しい作品から曲を選んでいる。

4月には「Lifehouse Method」のウェブサイトを開設する予定だ。

[PR]

by yukie909 | 2007-02-21 17:38 | blog
2007年 02月 20日
20 February 2007 / Attic Jam in New York
[原文] 2007年2月20日のブログのポスト。
Attic Jam in New York
「Attic Jam」がTowserTVで上映されるという予告。驚きのビッグゲスト、Lou Reedも出演するそうです。


おはよう。今夜Joe's Pubでのライブに出演し、Lou Reed、Rachel Yamagata(※日系三世のアーティストのようです。プロフィールはこちら、Amos Leeと主催のRachel Fullerと共にアコースティックで演奏する。チケットはソールドアウトしているが、Rachelの撮影スタッフであるJustin Kreutzmanがライブを撮影し、明日、彼とロンドンのEelpieのスタッフの作業が何とか終わり次第TowserTVで流す。見られるようになるまでどれぐらい時間がかかるのかはわからない。この先予定されている2回の「Attic Jam」(3/3にロスアンゼルス、3/15にオースティンで行われる)はリアルタイムでウェブキャストができたらと考えている。昔のように……。
[PR]

by yukie909 | 2007-02-20 18:54 | blog
2007年 02月 19日
19 February 2007 / Going up with Down
[原文] 2007年2月19日のブログのポスト。
Going up with Down
ダウン症を持った少女の書いた歌詞にRachelが曲を付け、完成した曲を披露するイベントがニューヨークで開催されたとの報告です。このイベントにはPeteも出席しました。文中にリンクされた記事によるとPeteが曲のプロデュースをしているようです。


今朝RachelはLincoln TriangleのBarnes & Noble(※アメリカの大手書店チェーン。書籍の販売以外にもミュージシャンの握手会やミニライブなどをよく行っています。以下B&Nと表記)にMelissa Riggioと共に出演し、2人で共作した「Love Is A Potion」「The Ring」を演奏した。うまい具合にこの日はちょうど大統領誕生日で、セサミストリートのBob McGrath(※1969年からセサミストリートに人間の「Bob」として出演した歌手)の見事な技で盛り上がった子供達が大勢集まってくれた。

イベントに関する背景も含めた全体の説明は、こちらのYahoo Newsに詳しく書かれている。

これらの全てのことを通して、私はとても勇気付けられた。Melissaの父のSteve RiggioはB&Nの社長で、The Whoのライブの最前列でよく姿を見かける。彼と私は1993年にDes McAnuff(ブロードウェイ版TOMMYのディレクター)と共にTaj Mahalの演奏を聞きにいったが、同じ日に出演していたあの伝説のDave Van Ronkに偶然会う機会に恵まれた。よってSteveと私との付き合いは長い。2004年にRachelがファーストアルバム「CIGARETTES AND HOUSEWORK」をリリースした時にはB&Nの音楽チームがサポートして、今も店にボーナストラック入りのスペシャル・エディションを置いてくれている。ボーナス曲の「Jigsaw」は2002年の私の誕生日である5月19日にニューヨークで2人で作った曲だ。いつのことだったか忘れたが、Steveは娘の1人がダウン症を持っていて、よく歌詞や詩を書いていると話してくれた。Rachelは「彼女の書いた歌詞をいくつか送ってほしい、曲を作ってみるから」とSteveに提案した。私にもダウン症を持つ友人Mary Knowlesがいるが、彼女もとてもクリエイティブで、まずダンサーになり今はダンスの先生をしている。私はRachelに、Melissaに対して優しくかつ正直に、そして遠慮は抜きにして付き合うよう勧めた。そして実際に歌詞が届いた時、私は本当に遠慮など無用だったことを悟った。Maryが真のダンサーなのと同じように、Melissaは本物の詩人だった。

Rachelは素敵な曲を2曲作り、時間をかけてレコーディングした。ダウン症についてはここに詳しく書かれており、「The Ring」を聞くこともできる:National Down Syndrome Society

Melissaは自分自身の力で歌手になりたいと考えており、彼女がそれを望むなら必ず成し遂げられると私は確信している。今日、彼女は最初とても緊張していた。だがRachelと共に座って歌い始めるとすぐに集中し、それから後はもうスターになったような堂々たる振る舞いだった。

Melissaのウェブサイトを訪れて彼女の新曲を聞いてみてほしい。

[PR]

by yukie909 | 2007-02-19 17:10 | blog