カテゴリ:blog( 24 )

2007年 08月 03日
6 July 2007 / The Summer Summing Up
[原文] 2007年7月6日のブログのポスト。
The Summer Summing Up
「rocking' on」2007年8月1日発売号に「11月か12月に来日が決定したらしい」と書かれているとの話を聞き、慌ててPeteのblog内で一番最近に日本の名前が出てきたエントリーを訳してみました。ツアー終了まであと3公演を残す7/6に書かれたものです。
単に色々な国の名を挙げて「行けなくて残念だった」と言っている中に日本が入っているというだけで、ここからは特に行くとも行かないとも読み取れません。あとは環境問題についてのPeteらしいコメントです。


さあ皆、連載はこれで終わりだ。私の自伝のセクションを開けば、私がこのブログで連載している自伝の抜粋の最終回を読むことができる。

今週末、13ヶ月間続いたThe Whoのツアーは北欧で穏やかに終了を迎える。明日はデンマークのロスキレ・フェスティバルに出演する予定で、今年の夏にヨーロッパで行われたフェスの大体がそうだったように、雨に降られることになりそうだ。インドでは、人々ははっきりとした理由から雨を「神の恵み」と呼んでいる。ここヨーロッパでは、雨は神が見せる実に独特なユーモアのセンスのひとつだと考え始めている。イギリスでは、エアコンを持っている幸運な人々は1月の間中ずっと暖房を入れっ放しにしている。それが今は、7月だというのに我々には熊の毛皮やゴム長、スノーシューズが必要だ。Al Goreは、さらに多くのロックフェスが雨で中止されようとも本当に今の問題を解決することができるだろうか?
(※元米国副大統領Al Goreが地球温暖化に警鐘を鳴らすドキュメンタリー映画『不都合な真実』は世界中で大きな話題を呼びました)そう願っている。我々の心は純粋で、胸は今もむき出しだ。ビニール製のポンチョの下は汗だくではあるが。

ともあれ、私はこれまでの18ヶ月間にThe Whoとして成し遂げてきたことの全て、つまり新しいCDのリリースと長期ツアーの敢行について誇りに思っている。日本、オーストラリア、ロシア、チェコ、ブラジル、チリ、アルゼンチン、メキシコ、ハワイに行けなかったことは残念だ。しかし少なくとも私は個人的にテキサスのオースティンにあるほとんどのバーとクラブで演奏する機会を得た
(※もしくは、“演奏しなければならない”?)。胸に手をあてて、その間に地球温暖化の一因になるようなことは何もやっていないと言えたらいいのにと思うが、勿論そうはいかなかった。私は自分が死んだ後でさえ、体が腐っていく過程に起こる何らかの現象によって地球上の生命に悪影響を与えてしまうんじゃないかという気がしている。私は環境を汚染する運命にあるようだ。私の死体を何か特別な酒に変化させて、僧侶にささやかな喜びをもたらすことはできないだろうか?もう少し実用的なものにするなら、農機具を動かすためのバイオガソリンというのはどうだろう?それなら文字通り自分の畑を耕すことができる。(※「自分の畑を耕す」という言い回しには「我が道を行く」という意味もあるようで、二重の意味を持たせているのかもしれません)

さあ皆!私はもう自分の畑を耕した。とても深くだ。おかげでもうくたくたに疲れた。昔よく味わった、そして2005年秋にThe Whoのアルバム制作の作業を始めて以来味わうことを自分に禁じてきた、ツアー後の倦怠感に来週まではどっぷりと浸るつもりだ。その時の気分というのは、目が覚めても何もしなくても良いという開放感と、これからは他人に「かつて有名だった人」と見られるようになるということを知るショックとがごっちゃになっている。私はそれを受け入れなければならないし、「近々グラストンベリーやロスキレで客を沸かせることになる」などと偉そうに言い放ったりしないよう心がけなければならない。

[PR]

by yukie909 | 2007-08-03 01:24 | blog
2007年 04月 28日
28 April 2007 / Recording
[原文] 2007年4月28日のブログのポスト。
Recording
レコーディングの方法論について。翌週に予定されているRachelのレコーディングでは、Peteはサウンドエンジニアとして甲斐甲斐しく手伝いをするつもりのようです。


過去数週間、今までの私のレコーディング方法について、ずっと自分が重んじてきた数人と話し合ってきた。結局話が行き着くのはシンプルなことだ。The Whoが1964年に行われた最初のセッションの為にスタジオに集まり、エンジニアが、この記事においてはGlyn Johnsということにしておくが、ドラムにマイクをセットし、バスドラの上に置けばそれで充分だった。Beatlesの初期のレコーディングでは、Ringoのドラムキットにたった2本のマイクが置かれていただけだと何かで読んだことがある。それら2本のマイクは簡単なミキシングボックスに繋げられ、時には黒くて大きな丸いノブを使ってベースギターやエレキギター、ピアノの音と共に1つのチャンネル内で重ねられる。それらの音は「コンプレッサー」と呼ばれる機械に送られ、「圧縮機」という意味の通りに音をダイナミックに圧縮し(押しつぶし)、大き過ぎる音は静かに、静か過ぎる音は大きくなるよう調整する。このようなサウンドは独特で、我々がよくラジオで耳にするような、受信状態を良くする為にかなり強く圧縮されたものと同じだ。上記の4つの楽器全てが、まるで第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦さえ乗り切れそうな程頑丈な3トラックのテープマシーン内の1トラックにレコーディングされる。

残りの2トラックはヴォーカル、そしてタンバリンやコーラスのような追加の音に使われていた。興味深いのは、曲の肝心な部分はシンプルにレコーディングされ、1つのトラックに押し込まれていたということだ。

なぜこのようなことをくどくど言うかというと、友人達も私も60年代後半から70年代初期の、3トラックだったものが4トラックに増え、すぐに8トラックへと移り変わった時代を懐かしく思っているからだ。私が今でもレコーディングに使用しているのは8トラックだけだ。少なくとも最初は8トラックにして、もし本当に必要なら後からトラックを追加するようにしている。

私がここで伝えたいのは、古き良き日々に使われていた手法が優れているということではなく、エンジニアがサウンドを修正したい時に用いることができる手立ては本当に少ししかなかったということだ。The Whoがレコーディングを行ったIBCスタジオや、BeatlesのAbbey Road、StonesのOlympicのようなスタジオでは、作業を進める為の簡単な方法しかなかった。ある種のマイクはいつもドラム用で、ヴォーカルにはこれ、ピアノにはこれと決まっていた。多くの場合、エンジニアはただマイクの位置を決め、コンソールに座り、音量を上げるだけだった。

重要なのは何か?それは古い時代に使われていた機材の品質、サウンドの改良の為の限定範囲、曲そのものに完全に焦点を当てること、そして勿論レコーディングが行われている部屋の音響だ。過去20年の間に、世界中で素晴らしいレコーディングルームが失われてしまった。音響が良い部屋だと「判明した」部屋も、音響が良くなるよう「役立つ」部屋も、良い音響の為に「設計された」部屋も、現在全てがロフト型のアパートメントに取って代わられている。かつて50年代後期には、教会や教会ホールがレコーディングルームとして使われていた。今ではその全てが姿を消してしまった。もし今誰かが私に教会を売ってくれたとしたら、そこを取り壊してアパートメントにしようと目論む業者を寄せ付けない為に2~300万ポンド払って買い取るだろう。だがいずれにせよ地方自治体は、アパートメントに住ませるなら雑音を撒き散らすミュージシャンよりも税金や罰金を払ってくれる上に見下すことができる人々を好むはずだ。

現在でも厳密に言えば何も失われてはいない。もしStonesが『GIMME SHELTER』をレコーディングしたOlympicスタジオの部屋と同じものを貰えたとしたら、私は最新のコンパクトな、300ドルもする携帯用WAVレコーダーと同じぐらい高品質のバンドサウンドを作ることができる。今ではそのような良い音のマイクが備え付けられたスタジオは少ししかない。そのスタジオで、もしまだ現存していたとしたら、私は2~3のボックスがついた自分のノート型マックをセットアップして数曲をハードドライブに録音するだろう。

私が強調したいのは今も音楽、演奏、そしてその音楽が作られる場所が最も重要だという点だ。エンジニアが機材のスイッチを入れて、フェーダー操作をしたりコントロールノブを回したりする以上のことを行ったとしたら、レコーディング作業に相当な支障が出るだろう。

こうして昔を懐かしんでいるのは、私のパートナーのRachelが来週レコーディングをする予定がある為で、私は彼女の為にThe Whoが活動の中盤で使っていたようなスタジオをぜひ用意したいと考えている。8トラックのアナログテープマシーン、簡素なミキシングデスク、質の良いマイクと基本的なコンプレッサー、そして音響の優れた部屋。私はエンジニアの立場でマイクを調整し、ケーブルを繋ぎ、フェーダーを操り、椅子に腰掛けてレコーディングを眺める。このようなスタジオは魔法の力を持つ場所となり、整頓され、グレーのボックスがいくつかとピアノが置かれているだけになると思う。そうすればこの部屋に入ってくる人に対して「ここはあくまで音楽を演奏する場所であり、奇跡を起こす場所じゃない」と伝えることができるだろう。

[PR]

by yukie909 | 2007-04-28 01:01 | blog
2007年 04月 19日
19 April 2007 / Sue Bundrick
[原文] 2007年4月19日のブログのポスト。
Sue Bundrick
ずっと癌と戦ってきたRabbitの奥さん、Sueが亡くなったことを伝える日記です。後から彼女の写真も追加してアップされました。


Rabbit (John Bundrick) は、今日West Countryで行われる葬儀で妻のSueと最後のお別れをすることになる。SueにはJackieとCathyという2人の娘がいた。1944年に生まれたSueは、60年代から70年代初頭にかけてイギリスで次々とヒットを飛ばしたバンド、Manfred MannのMike Vickersと結婚した。RabbitとSueは1978年に出会い、それぞれ当時の相手との関係が破綻した後に結婚した。彼等はそれ以来ずっと幾多の浮き沈みを共に乗り越えてきた。Sueはとても性格の良い女性で、The Whoの内外の人々は皆彼女を心から愛しており、これから彼女がいなくて寂しく感じるだろう。今日の午後には、私達はRabbit、彼女の娘たち、そして孫たちに深い同情を寄せる。

さようなら、Sue!

[PR]

by yukie909 | 2007-04-19 00:06 | blog
2007年 03月 22日
16 March 2007 / SxSW in Austin - Roger Medicare in Miami
[原文] 2007年3月16日のブログのポスト。
SxSW in Austin - Roger Medicare in Miami
SxSW出演のために訪れたオースティンで過ごした時間はかなり充実したものだったようです。Rogerの不調については比較的クールな立場を取っています。


ここオースティンで実に素晴らしい時間を過ごしている。古くからの友人、新しい友人、どこへ行っても音楽、音楽、音楽。この場所に広がる人々の熱気は最高だ。もし音楽が好きでこのフェスを未体験ならぜひ行ってみてほしい。沢山の曲、人々、音楽技術、食事、何もかもがここには見事に揃っている。

早朝から次の夜明けまでびっしりとやることがあった。Rogerのことを心配する暇もほとんどなかったが、彼は深刻な脱水症状を伴ったウイルス感染を患っていることがわかった。正直いって、Rogerについて言えば、彼は自分がまるで瀕死の状態であるかのように「感じる」ことがあまりにも多く、それが実際に起こった時(先日のタンパ公演のように)、素早く対応することができない。明日彼に電話をして体調を聞き、皆に知らせるつもりだ。

理解を示してくれている人も、文句を言っている人も、全員に感謝している。私達のライブを見にいく為に頑張ってくれていることを聞くのは嬉しい。そしてライブができない時には私たちにとってもそのことがつらく感じられる。公演を見損なってしまったファン全員の為に何か特別なことを計画したいと思っている。

[PR]

by yukie909 | 2007-03-22 10:06 | blog
2007年 03月 21日
21 March 2007 / Little Rock and the rest of the tour
[原文] 2007年3月20-21日のブログのポスト。
Little Rock and the rest of the tour
Rogerの体調と残りのツアーについての続報です。2日間で内容が何度も書き換えられ、最終的には残り4公演は予定通り行うという決断が下されました。医師が問題ないと診断したとはいえ、Rogerの体調は万全ではないようです。


今日のうちに、The WhoのマネージャーBill Curbishleyより残りの4公演(リトルロック、オクラホマ、振り替えになったタンパ、 フォートローダーデール)を予定通り行うかどうかの連絡がある。これらの公演が当初の日程で行われなかった場合、恐らく8月に延期されるだろう。できれば中止になってしまったサンアントニオ公演もそこに含めたいと考えている。

Rogerの体は今もある時良くなったと思えばすぐにまた悪くなるといった状態だ。彼はマイアミから再びテキサスに移った。医師がツアー主催者と共に本日彼の様子を見て、彼の健康状態がライブに耐えうるかについて判断する。しかし最終的な決断をするのはBill Curbishleyだ。



----------------------------------------------------------------------------


1度目の書き換え。


いい状況だ!Roger本人の気分も見た感じも良くなったようだ。医師も問題ないと言っていた。血液検査の結果が出るのは明日だが、それが大丈夫だということを裏付ける決め手になると思う。4公演はほぼ確実に行われるだろう。米国時間の正午頃にここで最終的な結論を伝える。

----------------------------------------------------------------------------


2度目の書き換え。


先ほどは早まって書き込んでしまった。Rogerのナトリウム濃度はまだ非常に低く、現在も下がりつつある。これがいかに深刻な事態か、インターネットで「低ナトリウム血症」と検索してみればわかるはずだ。
このブログをチェックしていてほしい。


----------------------------------------------------------------------------


3度目の書き換え。


今期ツアーの残りの4公演は予定通り行われる。Rogerは3人もの医師から出演しても問題ないという診断を受けた。彼はこれから数日間はきつい思いをするだろうが(通常より短い日数の中で多くの公演をこなさなければならない)、きっと素晴らしいライブになるに違いない。長らく待たせてしまって申し訳なかった。リトルロック、オクラホマ、タンパ、フォートローダーデールで会おう。

----------------------------------------------------------------------------


4度目の書き換え。「Little Rock and the rest of the tour」というタイトルでの最終的な内容。


リトルロックは最高だった。Rogerは本当によくやってくれた。

残りの3公演は予定通り行われる。Rogerは3人もの医師から出演しても問題ないという診断を受けた。きっと素晴らしいライブになるに違いない。長らく待たせてしまって申し訳なかった。今夜オクラホマで会おう。

日曜がタンパ、月曜がフォートローダーデールでライブだ。


----------------------------------------------------------------------------


タイトルを「Return to Tampa - Return to London」に修正してアップされました。これ以降変更はありません。


マイアミでのんびりと春休みを過ごしている。風が強く、雨も多いが、誰も気にしない。振り替えとなったタンパ公演は明日だ。

中止となったメキシコとサンアントニオの公演も日程を組み直すべきではないかと考える人達もいると思うが、来週末にロンドンでライブをしなければならないので残念ながらそれは不可能だ。その次にはヨーロッパツアーが控えている。チケットを買ってくれた人達が皆ちゃんと払い戻しを受けられることを願う。何か問題があった時には、www.thewhotour.comに連絡してどういう状態か知らせてほしい。

私達は今アメリカで行っているツアーの続きを8月中にも行ってはどうかと話し合っていた。しかし現在の不確かな状態を考慮して、この計画は諦め、まずはヨーロッパツアーを乗り切るべきだと判断した。期待してくれていたラスベガスと北東アメリカのファン達には申し訳ないが、楽しいこともいつかは必ず終わるものだ。

先ほども言ったように、The Whoは帰国後すぐにRoyal Albert Hallで重要なライブを行う。Teenage Cancer Trustの為に基金を集める1週間のイベントの最終日を飾るのだ。帰国の旅はきっと心躍るだろう。皆我々の帰りを喜んでくれるだろうし、それがこちらにとっても何より嬉しい。

[PR]

by yukie909 | 2007-03-21 11:29 | blog
2007年 03月 19日
17 March 2007 / San Antonio show is CANCELLED
[原文] 2007年3月17日のブログのポスト。
San Antonio show is CANCELLED
3/13の公演がRogerの不調で突然中断及び延期となった悪いニュースの続報です。


(タイトル)サンアントニオ公演中止
この知らせを友達に伝えてほしい。Ticketmasterがこの情報をメールで送るのは遅くなるだろう。

2日前、Rogerが危険な程にナトリウム数値が低下し、厄介な脱水症状を起こしていることがわかった。彼はこれまでウイルス感染を患っていた。正常な値に戻す為に、病院で数日間点滴を受けるように指示を受けた。イギリスから招いた医師は警戒を要すると判断し、病院に向かう前にとにかく休むように勧めた。彼は現在投薬治療を受けている。どのような治療か私にはわからないが。

本日、Rogerの体調についてまず最初に悪化し、その後やや良くなったという以上の医学的な変化がないため、Bill Curbishley(The Whoのマネージャー)は私の全面的な同意とともに次のサンアントニオ公演を中止した。

Rogerは月曜にマイアミの医師の診断を受け、それにより今期ツアーの残りの公演をどうするかについての決断が下される。このサイトの最新情報から目を離さないでいてほしい。

公演が中止された場合は、チケットの払い戻しや公演振り替えについてできるだけ早く決めるつもりだ。

タンパ公演が中止になった後、私はここオースティンでRachel Fuller、Tom Wright、Ian McLaganやSxSWの委員会と共に活動していたので、Rogerの正確な現状についてはっきりとは知らない。本日ここでの予定を全て終わらせたので、メキシコシティに移動する予定だ。The Who史上初となるはずだったメキシコでのライブも中止せざるを得なくなったことは、誰の目にも明らかだろう。メキシコでライブをする日をずっと待ち望んできた私は、このことについてひどくショックを受けている。もしかしたらいつの日かまたメキシコに戻って、この最悪な騒動に始末をつけることができるかもしれない。

[PR]

by yukie909 | 2007-03-19 12:26 | blog
2007年 03月 18日
18 March 2007 / Pete and Rachel at SxSW
[原文] 2007年3月18日のブログのポスト。
Pete and Rachel at SxSW
SxSWでのAttic Jamは相当楽しい時間だったようで、調子よく写真の説明をしています。


古い友人William Snyderが私達の関わった様々なイベントで撮ってくれた写真だ。William、ありがとう。

a0062503_1549848.jpg2007年South by Southwestで、La Zona Rosaを会場にして行われたAttic Jamで観客を迎えるRachel。

a0062503_15491923.jpg「Drowned」でウォーミング・アップをしている私。

a0062503_15492883.jpgMartha Wainwrightは天使と悪魔を呼び寄せた。その素晴らしい声で……

a0062503_1550237.jpg……そして素晴らしい脚線美で……。

a0062503_15501527.jpg彼女のハンサムなパートナー、Brad。(彼はSean Lennonとも共演した)

a0062503_15505668.jpgWilly Mason。メンバーを増やした新しいバンドを初めてバックにして歌っている。バンドは新しいがシャツはいつもと同じ。

a0062503_15511035.jpgピアノに向かい、うるさいバーから聞こえてくる騒音と張り合っているJoe Purdey。

a0062503_15515298.jpgそれから彼はその場にいたバンドを巻き込んで思い切りハジけた!Joeは私と一緒に「Let My Love Open the Door」を演奏した。(ドラマーはWilly Masonの弟、Sam Mason)

a0062503_1555133.jpg催眠状態のAlexi Murdoch。

a0062503_1603251.jpgAlexi Murdochは更に一歩先を行ってWillyのバンドを全員連れてきた。Bradがベースを弾き、私も入った!リハーサルなし。その信じられないような演奏がBBC Radio 2で聴ける。

a0062503_15553877.jpgRachelはJoni Mitchellの「Blue」を歌い、オヤジ共を全員夢中にさせた。この美しい輝きを持つ曲は、きちんと演奏し歌うことができる者の手によって、奥深くに眠っていた古い宝石が再び磨かれて蘇った。

a0062503_1615934.jpgMika。Attic Jamに初出演してくれた。今回我々が迎えた唯一の新しいアーティストとなる。UKチャートNo.1を記録した曲を携え、彼はAttic Jamの形式ばらない雰囲気の中に飛び込み、熱演してくれた。Mikaは唯一無二の才能で、エネルギーに溢れ、他のアーティストにはない風変わりなところがあり、力強い曲の数々はどこかQueenを思わせるスタイルだが、彼の成功は彼自身の魅力によるものだ。

a0062503_162519.jpgMikaのギタリスト、Mika、私の3人が顔をつきあわせてアコースティックで「Pinball Wizard」を演奏しているところ。Mikaと私の服装がカラー・コーディネイトされている点に注意。

a0062503_15565280.jpgダミ声で「In The Ether」を歌い、グランジ・ファンを追い払っている巨匠の姿。テムズ・エスチュアリーのピアノ教師および教会のオルガン奏者で、それはそれは素敵なRachel Fuller嬢がいつものようにピアノで参加してくれている。

a0062503_15571362.jpgRachelがとうとうテレビに出演した。BlaxeのDirectTVによるAustin Convention Centerのフェスの報道で紹介されたRachelは、見た目もサウンドも素晴らしかった。精巧でプロフェッショナルな仕上がりの、惜しみなく予算をつぎ込んだテレビ番組はまさしくSxSWの新基準となった。ワーオ。

a0062503_15573150.jpgバイバイ、chumps。
(失礼、chumsの間違えだった)

(※日本語にするとわけがわからなくなってしまうので……chumpはバカ、間抜けを表す言葉で、chumは仲間、友達を意味します)

[PR]

by yukie909 | 2007-03-18 15:52 | blog
2007年 03月 15日
15 March 2007 / I want it Live!
[原文] 2007年3月15日のブログのポスト。
I want it Live!
SxSWで行ったスピーチについて、意図していたことと違う解釈をされていると不満を表明しています。


SxSWでの私のスピーチがかなり大きくマスコミに取り上げられているが、どうも問題があるようだ。私は決して「インターネットなんかクソくらえだ。俺達が欲しいのはライブだ!」などとは言っていない。私が言ったのは「もう沢山だ。俺達が欲しいのはライブだ!」ということだ。つまり、私達はライブ・ミュージックをインターネットで手に入れたいという意味だ。なぜ人々は本物の、生の音楽というものをインターネットを介して受け取るのにこれほど苦労しているのだろう?リアルタイムで、目の前で起こるありのままで。スポーツと同じことだ。
[PR]

by yukie909 | 2007-03-15 18:37 | blog
2007年 03月 07日
5 March 2007 / The Tragically Hip
[原文] 2007年3月5日のブログのポスト。
The Tragically Hip
The WhoのUSツアーでサポートアクトを務めているバンド、The Tragically Hipの宣伝です。


いくつかの公演で彼等に出演してもらえて嬉しい。

彼等の公式サイトをチェックしてみてほしい。

[PR]

by yukie909 | 2007-03-07 00:48 | blog
2007年 03月 01日
1 March February 2007 / Roger Daltrey
[原文] 2007年3月1日のブログのポスト。
Roger Daltrey
63歳を迎えたRogerへのお祝いのメッセージ。なお最初につけられたタイトルは「Roger Daltrey - 12 years old」でしたが、後からRogerの名前のみに修正されました。


誕生日おめでとう、Rog!
[PR]

by yukie909 | 2007-03-01 12:52 | blog