2007年 03月 21日
21 March 2007 / Little Rock and the rest of the tour
[原文] 2007年3月20-21日のブログのポスト。
Little Rock and the rest of the tour
Rogerの体調と残りのツアーについての続報です。2日間で内容が何度も書き換えられ、最終的には残り4公演は予定通り行うという決断が下されました。医師が問題ないと診断したとはいえ、Rogerの体調は万全ではないようです。


今日のうちに、The WhoのマネージャーBill Curbishleyより残りの4公演(リトルロック、オクラホマ、振り替えになったタンパ、 フォートローダーデール)を予定通り行うかどうかの連絡がある。これらの公演が当初の日程で行われなかった場合、恐らく8月に延期されるだろう。できれば中止になってしまったサンアントニオ公演もそこに含めたいと考えている。

Rogerの体は今もある時良くなったと思えばすぐにまた悪くなるといった状態だ。彼はマイアミから再びテキサスに移った。医師がツアー主催者と共に本日彼の様子を見て、彼の健康状態がライブに耐えうるかについて判断する。しかし最終的な決断をするのはBill Curbishleyだ。



----------------------------------------------------------------------------


1度目の書き換え。


いい状況だ!Roger本人の気分も見た感じも良くなったようだ。医師も問題ないと言っていた。血液検査の結果が出るのは明日だが、それが大丈夫だということを裏付ける決め手になると思う。4公演はほぼ確実に行われるだろう。米国時間の正午頃にここで最終的な結論を伝える。

----------------------------------------------------------------------------


2度目の書き換え。


先ほどは早まって書き込んでしまった。Rogerのナトリウム濃度はまだ非常に低く、現在も下がりつつある。これがいかに深刻な事態か、インターネットで「低ナトリウム血症」と検索してみればわかるはずだ。
このブログをチェックしていてほしい。


----------------------------------------------------------------------------


3度目の書き換え。


今期ツアーの残りの4公演は予定通り行われる。Rogerは3人もの医師から出演しても問題ないという診断を受けた。彼はこれから数日間はきつい思いをするだろうが(通常より短い日数の中で多くの公演をこなさなければならない)、きっと素晴らしいライブになるに違いない。長らく待たせてしまって申し訳なかった。リトルロック、オクラホマ、タンパ、フォートローダーデールで会おう。

----------------------------------------------------------------------------


4度目の書き換え。「Little Rock and the rest of the tour」というタイトルでの最終的な内容。


リトルロックは最高だった。Rogerは本当によくやってくれた。

残りの3公演は予定通り行われる。Rogerは3人もの医師から出演しても問題ないという診断を受けた。きっと素晴らしいライブになるに違いない。長らく待たせてしまって申し訳なかった。今夜オクラホマで会おう。

日曜がタンパ、月曜がフォートローダーデールでライブだ。


----------------------------------------------------------------------------


タイトルを「Return to Tampa - Return to London」に修正してアップされました。これ以降変更はありません。


マイアミでのんびりと春休みを過ごしている。風が強く、雨も多いが、誰も気にしない。振り替えとなったタンパ公演は明日だ。

中止となったメキシコとサンアントニオの公演も日程を組み直すべきではないかと考える人達もいると思うが、来週末にロンドンでライブをしなければならないので残念ながらそれは不可能だ。その次にはヨーロッパツアーが控えている。チケットを買ってくれた人達が皆ちゃんと払い戻しを受けられることを願う。何か問題があった時には、www.thewhotour.comに連絡してどういう状態か知らせてほしい。

私達は今アメリカで行っているツアーの続きを8月中にも行ってはどうかと話し合っていた。しかし現在の不確かな状態を考慮して、この計画は諦め、まずはヨーロッパツアーを乗り切るべきだと判断した。期待してくれていたラスベガスと北東アメリカのファン達には申し訳ないが、楽しいこともいつかは必ず終わるものだ。

先ほども言ったように、The Whoは帰国後すぐにRoyal Albert Hallで重要なライブを行う。Teenage Cancer Trustの為に基金を集める1週間のイベントの最終日を飾るのだ。帰国の旅はきっと心躍るだろう。皆我々の帰りを喜んでくれるだろうし、それがこちらにとっても何より嬉しい。

[PR]

by yukie909 | 2007-03-21 11:29 | blog


<< 16 March 2007 /...      17 March 2007 /... >>