2007年 02月 19日
19 February 2007 / What Am I Doing Here?
[原文] 2007年2月19日のブログのポスト。
What Am I Doing Here?  (コメント不可)
Pitch  (コメント可)
このブログが開設された経緯を説明しています。「The Boy Who Heard Music」の連載がうまくいったので、今度は自伝でも同じことを試みるということのようです。


1995年、私は自伝を書こうと決めた。1996年にはEd Victorに交渉を頼んでLittle Brown & Co社のMichael Pietschと契約を交わした。素晴らしい話だったし、個人的に仕事を依頼していた編集者Robert McCrumに任せていたので安心していた。彼は私がFaber & Faber社で数年間顧問編集者として働いていた時に私の編集主任(事実上私の先輩だった)を勤めてくれ、私の本「Horse's Neck」の編集をした時には
何フィートの高さにもなる原稿の山を簡潔にまとめてき濃縮された短編集を作り上げてくれた。1997年、Michael Pietschとはこの計画についての考え方が私とずれていることがわかってきて、支払済みの前金を払い戻して他に契約を結ぶ前に本を完成させようと決断した。Ed Victorは他の編集者Philippa Harrisonと共に編集者の協会を設立していた。Philippaは偶然にもLittle Brown & Co社の設立にも貢献していた女性で、Edは彼女に私の小説が一章分書きあがり次第編集するように頼んだ。彼女は2003年の夏までその作業をしてくれたが、私はそれから「The Boy Who Heard Music」の小説を完成させることに集中するようになった。2005年の初めになってからまた自伝の執筆を再開し、3ヶ月ほど書き進めた。電気会社のSamsungがサポートする「Four Seasons of Hope」チャリティ活動に協力する為、Roger Daltreyと共にニューヨークに旅立ってコンサートを行うという出来事に邪魔されなければ、今までずっと書き続けていられただろう。

そのニューヨーク訪問の際、Rogerが昔のマンハッタン銀行をバンケットホールに改装した会場でステージに座り、最後の曲として私がThe Whoの為に書いた曲「Real Good Looking Boy」を歌っている姿を私はじっと見ていた。彼はギター1本を手に、たった一人で目を閉じてその曲を歌い、彼の昔から変わらないやり方で私の曲に命を吹き込んだだけでなく、完全に彼自身の曲にしてしまっていた。その時私は、The Who、つまり我々2人が、また新たになかなかの出来のアルバムを作ることができると確信した。それからおよそ8ヶ月の間、私は我々の新しいアルバム「ENDLESS WIRE」の為の曲作りに没頭した。

2005年9月、私はそれまで「The Boy Who Heard Music」を演劇や映画、バレエの形にしようと苦労していたが、あまり深刻に考え過ぎないようにしていこうと考え、ブログを使って連載の形で発表することにした。週1回の連載を2006年2月25日まで続け、その全ての過程が沢山の励ましと刺激に満ちたものだと感じた。その間にもらった読者達からの書き込みはとても重要なもので、私は連載している途中で作品に大きな変更を加えた。

自分の自伝でも同じようなことを試みようと考えている。近々この場所で、私の個人的な思い出を記した「Pete Townshend (who he?)」の抜粋の連載をスタートする。前編では子供時代から1968年のロンドンでの「TOMMY」記者会見
(※1969年のタイプミス?ブログ上部の説明文にはBook One - 1945-1969と書かれています)までを取り上げる。また必要だと思った時には、その先から最近までの私の人生とキャリアに関する章からの抜粋も不定期で載せていくつもりだ。

全体の骨格の部分は既に完成し、取材や調査も全て進んでいる。しかし、私は今もなお創造的な、またプロ意識に溢れた毎日を過ごしている為、きっぱりと書くのをやめない限り永遠に現在の部分までたどりつくことができない。書き進めている所なのにきっぱりと書くのをやめなければならないというのは、矛盾に満ちている。よって永遠に書き続けるよりは発表しようと思う。


(※以下、コメント不可のブログにのみ後から追加された文章)
2月25日(日)にプロローグを掲載する。2006年に「The Boy Who Heard Music」の最後のポストをしたのとちょうど同じ日だ。心の準備をしておいてほしい。私の準備は万全だ。
[PR]

by yukie909 | 2007-02-19 10:47 | Memoirs


<< Peteのサイト再休止      18 February 200... >>