2007年 02月 18日
18 February 2007 / Arrival
[原文] 2007年2月18日のブログのポスト。
Arrival
「回想録の抜粋、時々フィクションも含む最近のことを載せる」為に開設されたという新ブログ「pete townshend - (who he?)」への第1回書き込み。今後はここに日記掲載の場所を移すことになるのかもしれません。ブログは現在少しずつカスタマイズ中で、当初空白だったプロフィールもアップされています。


今は日曜の午後だ。昨夜ニューヨークに到着した。準備は万全だ。The Whoとしてアメリカ全体を回る5週間のロードワークが目前に迫っている。その中にはメキシコシティでの初ライブ、オースティンで開催されるSxSW(※South By Southwest、米国の大規模な音楽イベント。2007年は3/14~18に開催予定)へのメイン講演者としての参加も含まれる。そう、私はそこで話す内容について既に考えてある。だがステージに立つまでそれについて触れるのはやめておこう。

荷造りがまだ途中だった水曜日、午後3時頃に突然気がついたのは、今すぐに車に飛び乗って走り出さなければ「QUADROPHENIA」の舞台作品の第1回ワークショップを見逃してしまうということだった。Tom Critchleyが演出し、ウェールズ王立音楽演劇学院が出演する短い舞台がカーディフで上演中で、昨夜が終了日だった。私は衝動的に高速道路M4を西へとひた走り、3時間後には舞台を見ていた。

素晴らしい幕開けだった。この舞台の予算がいくらだったかを聞いて決まりの悪い思いで一杯になった。数年前に私がロンドンのBush Hallで行った音楽のワークショップで、簡単な1曲を作るのに使ったのよりもかなり少ない額だったからだ。カーディフでの公演は第1幕と第2幕からなる伝統的な形だったので私はとても嬉しくなった。「QUADROPHENIA」が舞台化した際に何があったとしても、ぜひ伝統ある劇場でも上演してもらいたいと切望している。劇では若く、生き生きとした仲間たちと、管弦楽を含んだ素晴らしいバンドが出演していた。音楽ディレクターとオーケストラ編曲を担当したのはJohn O'Haraで、微妙なニュアンスを忠実に表現してくれており、私はこの作品がとても気に入った。振り付け、舞台デザイン、照明も全て見事だった。劇中では素晴らしい瞬間が何度かあったが、今後すぐに作品のレベルが上がっていくという大きな期待を込めて、あまり褒め過ぎないようにしておこうと思う。ぜひ言っておきたいのは、誰もが作品に大いなる情熱、才能、エネルギー、そして感嘆を注ぎ込んでおり、私などまだまだだと感じたということだ。

舞台の写真はkirstensphotosで多数見ることができる。

(※舞台についての参考記事はこちら
[PR]

by yukie909 | 2007-02-18 15:14 | blog


<< 19 February 200...      18 February 200... >>